« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日

June bride

6月、松山に行くことになりそうです。相方の友人の結婚式にお呼ばれしていただけそうなので。考えてみれば去年の7月に行って以来、四国には行っていません。先月仕事で行くことになりかけましたが、結局見送りということで行けず。愛媛新聞にて情報のチェックはしていますが、百聞は一見にしかず。とりあえずマイルで行けそうだし。愛媛県美術館にてル・コルビュジエ展があるので、綿密にスケジュールを組んで来松しようと考え中。松山の方、声かけますので、今度こそjuju行きたいので付き合ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日

勝手ではない現実。

511yttxx3hl_ss500_
家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇

某ラジオ番組にて紹介されていたもの。書店で立ち読みでもいいかと思ったが、一読してこれは面白いということで購入しました。これでもかという写真とともに、著者が今の社会に警笛を鳴らして…というのが普通の読み方なのでしょうが、これに出てくる40代主婦の皆様の話(言い訳)が面白すぎて、電車内で笑ってしまいました。たしかにこういうことが許されている社会なのかもしれませんが、衣食住のひとつが崩壊するってのは、国が溶ける、滅びる前兆なのかもしれません。ただ、自分の周りをみてみるとここまでひどい人ってあまり居ないような気もします。とりあえず本の中で出てくる世代の問題じゃないの?とも思います。結婚した人も結婚してない人も、子どもがいる人もいない人も、ともかく一読の価値ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日

最近の買い物。

twitterの手軽さにこちらが御座なりになってまいましたが、とりあえず最近の戦利品。相方がみてるのであまりおおっぴらには書けませんが。

76139323

考えてみれば人生初BOSE。ふらりと寄った家電店でBOSE in-ear headphonesをいい値段を発見。iPhoneで価格.comにて値段をチェックするとかなり安い。ぐるっと店内をまわったあと売り場に戻ると在庫限り15%オフの文字。気がついたらレジへ。かなりお得な買い物でした。つい先日、Apple In-ear Headphonesの右耳だけ逝ってしまったので、これは神様からのプレゼントだということで自分を納得。音は確かにいい。ということでしばらくピンクノイズ流して楽しんでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日

2010開幕戦 vsマリーンズ

Img_0714

2-1。まず1勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日

「どこか違う、約束の地」

twitterのTLみてたら面白い記事発見。

隔数日刊─Daily Bullshit: 恋する世代

内容を読んで欲しいのでここではあまり触れませんが、こういう文章に出会えた日はなんだか心がほっこりします。ぜひご一読を。

それにしても「どこか違う、約束の地」っていいなぁ。そういう風に思ってもらえるってのは、案外この国も間違ってないのかなぁ。それとも最近こういう漠然とした希望を耳にしたことなかったからかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日

スリルなの?

なんてことはないけど、今日TwitterのTLにて結構面白いことがあった。A氏がB氏に、C氏のことを本文中に@C氏をつけて批判していたのだ。そもそもメールとかのクローズネットワークとは違う(DMはあるのだが)のに、@C氏をつけてしまうとC氏に伝わってしまう。それを知らずか知ってか@C氏をつけてやってしまうのは何考えてんの?ってことになってしまう。そもそもオープンネットワークで書いていることは、その人の度量とか考えとか器とかを如実にあらわしているのだろう。そうなると、何でも書いていいってのと何を書くべきなのかという線引きは自ずとできるはず。匿名のブログなんかを見るとあきらかに行き過ぎているところがあるが、本名で書いててもこの人大丈夫ですか?ってことはたくさんある。書くことについては、その人の表現方法だしその人が責任をとればすむのですが、どこかの誰かみたいに書いてたのを消す(閉鎖する)ってことで責任をとるってのはどうも腑に落ちない。結局、本人もまずいと思いながらやってたから閉鎖しちゃうのでしょうか。それって、万引きと同じ感じがする。と考えてしまった病み上がりの今日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日

いいなぁ。

いままで勝った事がない監督より、勝ったことがある監督を選ぶのが今の状態なら普通と思うのだが。結局カードがない状態で南アに行くことになるんやろうなぁ。

664345_w2

 

ロシア代表監督を務めるフース・ヒディンク氏(63)がW杯南アフリカ大会に出場するコートジボワールの監督就任に合意したと10日、公共放送のオランダ放送協会が報じた。3月15日から7月15日までの短期契約という。

 オランダや韓国、オーストラリアの代表監督を歴任したヒディンク氏はロシアとの契約が6月まで残っており、その後トルコ代表監督への就任が決まっている。代理人によると、コートジボワールの指揮を執るためには、ロシアの承諾が必要とされている。

 1月にアフリカ選手権準々決勝で敗退したコートジボワールは、ハリルホジッチ監督を解任。後任候補には元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏も挙がっていた。
コートジボワール監督はヒディンク氏に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日

思った通り。

最近、南国の人となんだかなぁというSMSのやり取りをしたのですが、やっぱりここでもこんなことがおきているみたい。

●役員はビジネス、選手はエコノミー
「帰りの飛行機はビジネスクラスに乗せてもらえるんスか?」  バンクーバーからの帰国に際して、スピードスケート男子500メートル銅メダリストの加藤条治(25)が、日本スケート連盟理事で日本選手団総監督の鈴木恵一スピード強化部長(67)にそう聞いていた。五輪参加の際、通常、選手はエコノミークラスに乗り、ビジネスはJOC(日本オリンピック委員会)の本部役員らが乗ることになっている。  加藤の要望が通ったのか、メダルを獲得した7選手のみ、帰国便はビジネスチケットがあてがわれたという。メダルを取ったことへのご褒美なのか。  JOC関係者はこう言う。 「メダリストは通常の選手と違い、(帰国後)文部科学省へのあいさつ回りなどがあり、その疲れなどを考慮してビジネスとなりました。ご褒美や今回のみの特例というわけじゃなく、これまでの大会でも同様の待遇だったと思います。また、夏季五輪を含めて、身長190センチ以上であるとか、肉体的な理由でエコノミーに座るのが難しい選手はメダリストでなくても、ビジネスクラスに乗る場合がある。バンクーバーでは、総監督、選手団団長、副団長が往復ビジネスです」  成田空港からバンクーバーまでの飛行時間は片道で8~9時間。帰国便は9~10時間もかかる。五輪の主役はあくまで選手。役員じゃない。行きも帰りもビジネス席は選手を優先するのがスジだ。5個のメダルに役員がふんぞり返るのが心配だ。
「バカバカしき」バンクーバー五輪

本末転倒としか言えない。団長がビジネス乗る意味あるんかい?これもひとつの利権でしかないのかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日

2010 J1 広島×清水 トリックPK こりゃあかんやろ。

2010 J1 開幕節 広島×清水 PKシーン

せこいと言うか、上手いと言うか。ただ駄目みたいです。

J1広島:清水戦トリックPK得点は「誤審」

 日本サッカー協会の松崎康弘審判委員長は9日、J1広島-清水戦(6日)で、広島が前半3分に決めたトリックPKは反則で、得点として認めたのは「誤審」だったという見解を示した。

 競技規則には「PKを行う競技者は、特定されなければならない」とある。問題の場面は、広島のDF槙野がボールをセットし、助走距離を取るかのようにエリア外に出た直後、逆サイドからFW佐藤が走りこんだ。意表を突かれた清水のGK西部はシュートコースとは逆に跳んでしまった。

 ◇試合は成立
 松崎委員長は「試合は成立し結果は変わらない」と前置きしたうえで、主審や清水の選手らが槙野をキッカーとして認識していたのは明らかと断じ、ゴールを無効とし、佐藤に反スポーツ的行為で警告を与え、清水の間接FKで再開するのが正しかったと指摘した。

 担当した審判団は「おかしい」と感じていたが、抗議を受けなかったこともあり、不安を感じながら得点を認めてしまったという。審判団に対しては今後、指導を強化する。試合は清水が終盤に追いつき、1-1で引き分けた。

【毎日jp】J1広島:清水戦トリックPK得点は「誤審」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日

次なる欲望

最近ようやく余裕が出てきたので、2年ぶりにデジカメ行っとく?ということで色々と物色中。本命はCanonのPowerShotS90なのですが、ここにきてこちらが気になる。GPSの感度もいいみたいだし、画質もそれなりにいいみたい。SONYっぽいというか、Cybershotっぽいデザインがイマイチな感じはあるけど、グリップとか良さそうだなぁ。というわけでしばらく考え中が続くわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日

NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース

どこかから赤字補填補助金のあてでも見つかったんだろうか?地方のこの手の話はどうも胡散臭い感じがしてならない。しまなみもそうだけど、ちぐはぐ感満載の感じです。

宇高航路を当面存続 国道フェリーが廃止撤回  

国道フェリー(高松市)が4日、四国運輸局に高松~宇野(岡山県玉野市)航路の事業廃止届の撤回を申請して受理されたことで、ひとまず今月27日以降も宇高航路は存続することになった。ただ高速道路の新料金体系などが判明するまでの暫定措置としており、安定継続には疑問符が残る。同航路について国と自治体が協議会を通じて解決策を模索しており、突然の撤回は協議会のスケジュールに影響しそうだ。香川、岡山両県の知事は、航路廃止撤回を歓迎するコメントを発表した。

 4日、国道フェリーの山下周市社長が四国運輸局を訪れ、廃止届の取り下げを申請した。理由について山下社長は「地域や利用者から極めて強い要望があったため、少なくとも新しい高速道路料金の発表・開始までは継続したい」と説明。今後は2隻に減船、減便も行いコストを削減する。

 ただしこれで航路存続が決まったことにはならない。今回の措置があくまで新しい高速道路の料金体系や開始時期などを見極めるまでの暫定措置という見切り発車であるためだ。

リンク: NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »