« 速報 | トップページ | 感じ方 »

2008年7月19日

激しく同意した夜。

昨日の最終便に飛び乗り、無事に松山に到着。午前から午後にかけて、色々と用事をすませて無事に宴会に。街にも行けたしなんだか満足感満載の一日でした。

リーダーズ・スクールの学生がごみ回収ボランティア活動を企画

どこかの社会主義国の話ですか?あまりにおかしいと思っていたら、やはりそう思ってた人がいました。その人曰く、

なぜ、民間企業が営利で排出したゴミをボランティアで回収しなければならないのか??ここ最近、なにかボランティアの定義がどんどんずれていってるよなぁ・・
Kawauchi h Distance:ボラ

激しく同意。恥ずかしくもなく、

「この活動は,会場内外でのごみ回収作業のほか,会場内外でごみを出さないよう来場者へ呼びかけるなどして,イベント翌日も,何事も無かったかのように地域の皆さんが運動公園を利用することができることを目指すものです。」と,活動の主旨を説明し,また,「この活動をきっかけに,環境活動,ボランティア精神が広がり,また,イベントの成功,ひいては地域の活性化にも役立つことができれば。」と意欲を見せていました。小松学長は,「しっかりとやりとげ,更に活動の輪を広げて地域に貢献し,自分の成長にもつなげてほしい。」と激励しました。

こんなこと言っちゃう大人の良識を疑います。結局このレベルの地域貢献しか考えられないところなのですね。でも、この事業は、


東京の企業の営利活動で出たゴミ

地元の大学生の善意で掃除
(地元資本の利益機会を奪う)

中央資本に貢献する。

と言う点で、よく言われた経済的な地域貢献はしてないと思うのですが…

|

« 速報 | トップページ | 感じ方 »

コメント

長崎商事みたいな会社は泣いてるんじゃないでしょうかね?「自分たちの仕事をボランティアが奪うな!」って感じで。すべての場面において清掃活動が地域貢献になるわけじゃないということを教えてあげられないオトナが一番の悪なんでしょうね。

ボランティアなんてほんとは日常では目に見えないものであるべきなのかも。露出するとボラ側の売名になりかねないですから。世界陸上で「強制的に」ボランティア(*日本語では自発的と訳することが多い)活動をさせられているのを見てそう思いました 汗

投稿: 南国人 | 2008年7月21日 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/22393542

この記事へのトラックバック一覧です: 激しく同意した夜。:

« 速報 | トップページ | 感じ方 »