« ツキ | トップページ | 手抜き »

2008年1月22日

携帯を持った…

本日は朝から彩の国の奥地へ。
通勤ラッシュとは逆の方向に行くので、楽に座ることができました。

途中、ローカル線に乗り換えると座席はほぼ埋まっている状況。都内では空いてるといえるような車内。そんななか、頭の中で次に会う人との会話を色々とシミレーションしつつ、ふと前の座席を見てみると…なんと前の座席のすべての人が携帯電話をいじってるではありませんか。背広を着たサラリーマンも学生服を着た学生も、ヒップホップ系の服をきたカップルも。

車内に目を向けるとさらに驚きが。車内の他の人も全員携帯電話をいじっている。メールなのかゲームなのかワンセグなのかわからないが、とにかく全ての人が携帯電話をいじっているのだ。「なぜあなたはケータイをいじってないのですか?」と聞かれてもおかしくないくらいの状況。

列車を降りて歩いてみると、いつも以上に携帯をいじりながら歩いている人が目につく。自転車に乗りながらいじっている人もちらほら。

考えてみれば列車の中の風景は、すでに奇異なものではないのかもしれない。

ただ、ただひとつ疑問がわいたのです。

そんなに魅力的な世界がその小さな画面の先にあるのだろうか…


|

« ツキ | トップページ | 手抜き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/10024455

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯を持った…:

« ツキ | トップページ | 手抜き »