« 悪魔が何かをはずすとき・前編 | トップページ | 裏・華麗なる ライララライ〜 »

2007年3月18日

久しぶりに…

(注)今日はYOSHIOの漫ろ言です。

My Life Between Silicon Valley and Japan さん直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。のエントリを読んで、そうか、そうだったんだと心の中で膝を打ちました。ここのところ疑問に思っていたのは、何故人と自分を比べて優位にたつことに安心感を得るのかということ。とくに大学時代(学生も働いているときも)こういう人にたくさん会った。知らず知らずのうちに自分もそういう感覚になっていた。そんななか去年、職を離れてリハビリをしてみると自分は自分であり他のなにものでもないということに気がついた。いや、前から気がついてはいたのだが心身が一体化し身体の一部となったのか。峠を越えてひとりぼっち、山に囲まれた道の真ん中、自分しかいない空間で頼れるのも自分、信じられるのも自分。それは結局どの場所でも一緒なのかもしれない。いつから人と比べることに慣れてしまったんだろうか?

この能力をたくさんつけられるように、しばらく心に刻んで生きてみます。

|

« 悪魔が何かをはずすとき・前編 | トップページ | 裏・華麗なる ライララライ〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/5734783

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに…:

« 悪魔が何かをはずすとき・前編 | トップページ | 裏・華麗なる ライララライ〜 »