« 年の終わりに… | トップページ | 年初の考 »

2007年1月 1日

読正月

食べても食べても吐き気がするのであまり食べずに寝て溜まってた本を読む。年末に図書館で借りておいた本をじっくり読むにはいい時間でした。



天皇と東大 大日本帝国の生と死 上

出版されたときは本屋で立ち読みした程度でしたがさよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生の参考文献としてあがってたので図書館で借りてみました。東大、大学というと左翼が住むというような情報がマスコミに寄って伝播されていますが、この本は東大の右翼思想形成と太平洋戦争がいかに作りあげられたのかを克明に記しています。各章をつまみ食い程度に読んでいたのですがまとまった時間がとれたので読破。ちょっと恣意的な面もみられますがなかなか面白くて明治維新から戦前史を考えるうえでは読んでおいて損はないでしょう。



迷いと決断

SONY前CEO出井さん書かれた本です。刺激的な各章のタイトルに比べて中身は…な部分が多かったです。SONYの製品は結構好きなのですが最近はイマイチという感じが強いです。この本よりも日経のやつのほうが読み応えがあってよかったですね。



ソニーとSONY

|

« 年の終わりに… | トップページ | 年初の考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/4765918

この記事へのトラックバック一覧です: 読正月:

« 年の終わりに… | トップページ | 年初の考 »