« アジア大会・日パ戦 | トップページ | Snow+Red »

2006年12月 1日

さよなら、サイレント・ネイビー




さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生


さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生


著者:伊東 乾

販売元:集英社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

先々週に名古屋に行ったときに購入したのですが、まだ半分くらいしか読んでいません。ここ1ヶ月ほどノンフィクションを中心に読んでいるのですが、内容を長々と記してあるものが多くうんざりすることも屡々あります。それがいいという人も多いのでしょうが、どうも人の人生を長々と読むのは苦手です。いくつか読んでみて最近思うのは、ノンフィクション作品は質はもちろんですが、著者や内容に少しでも共感できるものがあれば作品が心に残るって、いいなぁと思うのかもしれません。そういうことから考えると、「父から「外人部隊」の息子へ」は、愛媛という共通項から結構楽しめた本でした。先週久しぶりに読み返してみましたが、やっぱりよかった。松山に対しての望郷の念にかられているのかな。




父から「外人部隊」の息子へ


父から「外人部隊」の息子へ


著者:駒村 吉重

販売元:新潮社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アジア大会・日パ戦 | トップページ | Snow+Red »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/4377197

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、サイレント・ネイビー:

« アジア大会・日パ戦 | トップページ | Snow+Red »