« 終了 | トップページ | 割烹 矢野 »

2006年11月 1日

おべんとう展

家なき子生活1日目

Img_6033_8

おべんとう作家尾原ミナさんのおべんとう展〜大人が食べるお子様ランチ〜へ。おべんとう作家さんと知り合って3ヶ月ほど。色々とごちそうになってお世話になって、Macのお世話をしてという間柄ながら、おべんとう作家としての側面をしっかり見たことがなかったので興味津々、一応ジャケットを着て参加した。会場はいつものわいハ。余裕をもって5分ほど前に到着したら、他の方々はすでに到着済み。子供連れの方が多く、私を見た瞬間皆さんの心には「?なぜ平日のこの時間にこの人ここにいるの?」という言葉が巡っていたに違いない。おべんとう展が行われる土間は、いつもは木工スペースなので後ろには工具が並んでいた。

Img_6031_1

そんななか、まずはカラトリーをセレクト。カラトリーについている紙にお楽しみ輪投げの回数が書いてある。紙をめくると「1」でした。

それぞれにお盆が配られてご飯のスタート。

Img_6032
つづいて椀から卵を取り出しケチャップライスへ。

Img_6036

その後は、鴨肉のハンバーグ、バジルの生パスタなどなどお皿に盛られていく。鴨肉ハンバーグは、冷めると鴨のにおいがするくらいで臭くなく、バジルは強烈なバジルの臭いがするも嫌みがなくパスタを引き立てていた。個人的にはサラダが美味しかったのが印象的だった。

Img_6038

Img_6040

Img_6042

Img_6044

デザートはカボチャのプリン。卵を使わずにつくったらしくカボチャの風味がしっかりしていた。

Img_6046

ちょっと固い空気で始まった(あとから聞くと私がわいハに一歩ふみいれてから空気が変わったらしいが…)が、おべんとう作家さんの絶妙なトークと子供達の所作で場が和み、ご飯は終了。その後はお楽しみの輪投げへ。

Img_6048

トップバッターでしたが見事にガチャガチャをゲット。中には根付けが入ってました。

Img_6113

輪投げのあとはお神籤をひきました。


Img_6050

でてきたのは「盛りつけ」。作る前に盛りつけのレシピが出るとは思ってませんでした。

いつもと違うおべんとう作家さんの一面が見られたような気もしますが、この人に会えてよかったなぁとつくづく感じた1時間半でした。

さて、その後は市役所に転出届や税金の支払いに行き、わいハへとんぼ返り。ラストわいハを楽しみました。

|

« 終了 | トップページ | 割烹 矢野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/4078676

この記事へのトラックバック一覧です: おべんとう展:

« 終了 | トップページ | 割烹 矢野 »