« TOPページ更新 | トップページ | (iPod) »

2006年10月13日

もつ鍋 博多屋

Img_5939

急遽食事会をしなければならなくなった。色々と考えた末、鍋にしようということに決定。鍋ならもつ鍋だということで、相方ともつ鍋屋を下見に行くことにした。ピンク先生の話によるとてんじんという店がいいとのことなので、行ってみると残念、しばらく休みますの張り紙。仕方なくもうひとつ考えていたところへ行ってみる。店に入るとすぐにカウンターに通されてオーダー。初めての店なので無難に瓶ビールともつ鍋2人前。店員さんに「豆腐はどうします?」と聞かれたが、普通のもつ鍋でいいので「豆腐なしで」と言うと店員さんは一瞬手が止まってしまった。隣をみると鍋にまるまる一丁の豆腐をいれてたので、この店では豆腐を入れるのが普通のようだ。もつ鍋を待ちながらビールを呑むのだが、空きっ腹にビールは効くのでサイドメニューのレバ刺しを頼む。街で食べるレバ刺しは高くて少ないというイメージなのだが、ここでもさほど多くなかった。レバ刺しを食べているともつ鍋が出てくる。コンロにのせると店員さんが火力を最大にして立ち去った。ニラがどんどん沈んでいき、あっという間にもつ鍋が完成した。底にあるもつ肉をすくいあげながら野菜と一緒に口に運ぶ。美味しい。もつってなんでこんなに美味しいのだろうか?肉自体に少し味が付いているようだが、クセもなく食感を楽しみつつ口に運ぶ。途中、野菜が少なくなってしまいもつ肉だらけになったので野菜のみ一人前追加する。もつ鍋終了後はチャンポン麺をいれて食べる。お腹は九分くらいだったが麺が美味しくて箸がすすみ見事に完食。席を待っている人もいるのでさっさとお会計をすませるが、お腹の満たしに対してコストはかなり低め。隣で同伴出勤のために苦学生と来ていたおっさんに「ステーキよりいいだろ」と言わせるだけはある。だけど同伴するならもう少しいい店にしなさいね>おっさん。
帰りにスタバでホットチョコをテイクアウトして帰宅。

|

« TOPページ更新 | トップページ | (iPod) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/3821618

この記事へのトラックバック一覧です: もつ鍋 博多屋:

« TOPページ更新 | トップページ | (iPod) »