« 豆蔵→Cafe | トップページ | 踊るうどん »

2006年10月18日

無線の快適性と誤算

Bt420ex_middle_1

松山をあとにするにあたり、Skypeで連絡をとることが多くなるだろうということで、快適な無線通信Bluetoothのヘッドセットを探すことにした。愛機PowerBookG4は、Bluetoothが装備されているのでBluetoothのヘッドセットさえあれば無線生活ができるはず。いくつか探した結果、ヤフオクで中古のBLUETAKE i-PHONO BT420を発見。定価が20,000円だったが4,000円ほどで落札。送料いれても5,000円ということでかなり喜んだのだが…。
PowerBookに接続しiTunesで試してみると、モノラルでしか聞こえてこない。Skypeするうえではそんなに問題はないのだが音はモノラルのまま。調べてみるとPowerBookのBluetoothが、高品位ステレオ送信のA2DPプロファイルに対応してないためと判明した。また、音声通信の場合はステレオの1チャンネルは受話、1チャンネルは送話に使われるためにステレオにはならない模様。結局BLUETAKE i-PHONO BT420に付いてきた送信機BT430を付けないとステレオで受信できないということに。マイクはPowerBook内蔵マイクを使えばいいかもしれないが、これだとあんまり意味がないなぁ。iTunesで音楽聞いてたまにかかってくるSkypeに出るってことができない。もう少し手を考えなければ…。
あと、BLUETAKE i-PHONO BT420は海外メーカーなのでどうも安っぽさがきわだっている。イヤホンの音声調節はペコペコするし、音漏れが激しいし。Bluetooth探しはまだまだ続くかも。

|

« 豆蔵→Cafe | トップページ | 踊るうどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/3888542

この記事へのトラックバック一覧です: 無線の快適性と誤算:

« 豆蔵→Cafe | トップページ | 踊るうどん »