« ル・ジャルダン・ドゥ・カフワ | トップページ | もつ鍋とスパイシーおじや »

2006年9月27日

空気のような内閣

安倍晋三さんが内閣総理大臣になり、官房長官に地元選出の塩崎恭久さんが就任されました。今回の内閣はどうも空気のようにふわふわと知らず知らずにできあがってしまった内閣のように感じます。心地いい言葉ばかり並べるのも空気のようだ。そんな安倍総理はどうでもいいとして、塩崎さんの官房長官就任というのを手放しに喜んでいいのか?ということが頭から離れません。大臣の顔ぶれのひどさ(脆さ?汚さ?)が耐えられないです。官房長官は内閣のスポークスマンであることを考えると、これから何度となく塩崎さんが(他の人のことで)頭を下げることになるのでしょう。農政、経済、党三役と爆弾をかかえた内閣。いつまでもつかが楽しみですね。農政関係の大臣が最初に爆発するんじゃないんかなぁ?

・おまけ
最大利権ポストをまたも公明党が押さえたことは、公明党が自民党の最大派閥であることを如実にあらわしているのでしょう。なぜそこをつかないマスコミの人々。

|

« ル・ジャルダン・ドゥ・カフワ | トップページ | もつ鍋とスパイシーおじや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133317/3625714

この記事へのトラックバック一覧です: 空気のような内閣:

« ル・ジャルダン・ドゥ・カフワ | トップページ | もつ鍋とスパイシーおじや »